[PR]

 菅義偉首相は21日朝、ジョー・バイデン米大統領が就任したことを受け、「新大統領との関係を緊密にし、日米同盟をさらに強固なものにしていきたい」と述べた。首相官邸で記者団の取材に答えた。

 首相はカマラ・ハリス氏の副大統領就任も含めて「心からお喜びを申し上げる」と祝意を示した。日米両国が共通で掲げる外交方針「自由で開かれたインド太平洋」や、新型コロナウイルス、気候変動などの国際的な課題を挙げ、「緊密に連携しながら取り組んでいきたい」と語った。

 バイデン氏の就任演説については「国民に結束を訴えた大変力強い演説だった」とした。今後のバイデン氏との電話協議については「しかるべき時期に向けて調整をしている」と述べるにとどめた。

 首相はバイデン氏の演説直後の日本時間午前2時過ぎ、「日米は普遍的価値を共有する、強い絆で結ばれた同盟国」「大統領と協力していけることを楽しみにしています」などとツイートした。(菅原普)