拡大する写真・図版望海風斗の主演作「アル・カポネ」「ドン・ジュアン」など数々の衣装が展示されている=滝沢美穂子撮影

[PR]

 雪組トップスター望海風斗の軌跡を振り返る特別企画展「Memories of 望海風斗」が、宝塚大劇場内の「宝塚歌劇の殿堂」で開かれている。2月8日まで。

拡大する写真・図版初舞台から、「星逢一夜」「ファントム」など時代ごとに思い出の小道具が並ぶ=滝沢美穂子撮影

 2003年の初舞台「花の宝塚風土記」「シニョール ドン・ファン」の初々しい映像や写真のほか、「くらわんか」の貧乏神やバウホール初主演を飾った「Victorian Jazz」のナイジェルなど、花組の若手時代の衣装も飾られている。

 雪組に異動してからは、ギャングを渋く演じた「アル・カポネ」、プレーボーイ役の「ドン・ジュアン」の衣装も展示。「うん、ごちそうさん」(15年の「星逢一夜(ほしあいひとよ)」)といった名ゼリフや小道具も紹介する。

拡大する写真・図版展示室の中央には、望海の大きな写真が飾られている。大羽根(右)と一緒に記念撮影もできる=滝沢美穂子撮影

 また、1年前の大劇場公演「ワ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら