[PR]

 ミュージシャンの坂本龍一さんは21日、公式ホームページで、昨年直腸がんが見つかり、手術したと発表した。レコード会社によると手術は今年に入って東京都内で行った。現在も治療を続けているが、経過は順調という。2014年にも中咽頭(いんとう)がんを患い、克服していた。当面は治療に専念するという。

 坂本さんは「大いに落胆しましたが、すばらしい先生方との出会いもあり、無事手術を終えて現在は治療に励んでいます」とのコメントをした。コロナ禍の中でもあり、「長距離の移動がともなう仕事は困難になりますが、治療を受けながら出来る範囲で仕事を続けていく」とした上で、「これからは『がんと生きる』ことになります。もう少しだけ音楽を作りたいと思っていますので、みなさまに見守っていただけたら幸いです」とコメントでつづった。(定塚遼)