退任トランプ氏、新党結成を協議か 側近離れ厳しい局面

有料会員記事

ワシントン=園田耕司、渡辺丘
[PR]

 トランプ前大統領は20日、バイデン大統領の就任式を欠席し、邸宅のあるフロリダ州へと戻った。退任式で「私はあなたたちのために戦い続ける。我々は何らかの形で戻ってくる。またすぐに会いましょう」と述べ、自身の政治活動の継続に意欲を示した。ただ、共和党内では「トランプ離れ」が進んでおり、トランプ氏の思惑通りに進むかは不透明だ。

 トランプ氏は同日午前8時過ぎ、ホワイトハウスを大統領専用ヘリで出発。メリーランド州のアンドルーズ空軍基地で大統領専用機に搭乗する前、退任式を開催した。自身の政権の成果を強調したうえで、「新政権の素晴らしい幸運と成功を祈る。めざましいことができる基盤ができている」と述べた。バイデン大統領の名前には触れなかった。

 トランプ氏は同日午前11時前、フロリダ州の空港に到着。地元メディアによると、空港から自身の邸宅「マール・ア・ラーゴ」までの沿道に数百人の支持者が旗をもって立ち並んだという。

新党は「愛国者党」? 二大政党切り崩せるか

 トランプ氏は就任式を欠席し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら