[PR]

 沖縄県は21日、新たに68人が新型コロナウイルスに感染し、1人が死亡したと発表した。県内の感染確認者は延べ6765人、新型コロナに関連する死者は県内で計89人となった。

 県によると、直近1週間(14~20日)の人口10万人あたりの感染者数は44・89人で、昨年8月8~14日の1週間を超え、過去最多となった。

 また、県は新たに2件のクラスター(感染者集団)を確認したと発表。いずれも高齢者施設で、職員・利用者計10~15人が感染した。県内で確認されたクラスターは101件となり、100件を超えた。

 在沖米軍からは嘉手納基地(嘉手納町など)の2人など3基地で新たに4人の感染が確認されたと県に報告があった。県のまとめでは、在沖米軍関係の感染確認は872人となった。