[PR]

 第79期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の7回戦、羽生善治九段(50)―稲葉陽八段戦(32)が21日に東京都渋谷区の将棋会館で指され、羽生九段が110手で勝った。7回戦はこの日で全対局が終わり、A級初参加の斎藤慎太郎八段(27)が6勝1敗で首位に立っている。

 羽生九段―稲葉八段戦は、先手の稲葉八段が「相懸かり」の戦いに誘導した。中盤の折衝で羽生九段がリードを奪い、最後は稲葉八段の玉を23手詰めに討ち取って勝利を収めた。羽生九段は3勝4敗、稲葉八段は2勝5敗となった。

 A級順位戦は優勝者が渡辺明名人(36)に挑戦し、成績下位2人がB級1組に降級する。2月3日に8回戦、2月26日に9回戦がある。

 全10棋士の現時点の成績は以下の通り(丸数字は前期成績に基づく順位)。

【6勝1敗】⑩斎藤慎太郎八段

【5勝2敗】①豊島将之竜王(30) ②広瀬章人八段(34)

【4勝3敗】④佐藤天彦九段(33)

【3勝4敗】③佐藤康光九段(51) ⑤羽生善治九段 ⑥糸谷哲郎八段(32) ⑨菅井竜也八段(28)

【2勝5敗】⑧稲葉陽八段

【1勝6敗】⑦三浦弘行九段(46)