拡大する写真・図版「アサギリ高原パラグライダースクール」のタンデムフライト体験(2人乗り)パラグライダーが、朝霧高原の上空に向けて飛び立った=静岡県富士宮市、山本裕之撮影

[PR]

 息のつまるような日が続く。富士山を眺めて深呼吸してみよう。悠々と飛ぶパラグライダー。その下に、今年の主役が待っている。

拡大する写真・図版雪が積もる富士山のふもと「朝霧高原」で、放牧される乳牛たち=静岡県富士宮市の「なかとみ牧場」、山本裕之撮影

 なだらかに裾野を伸ばした富士山が背後に広がっている。白と黒、様々な模様の乳牛がこちらでたたずみ、あちらでうずくまり、もぐりもぐりと反芻(はんすう)に余念がない。絶景も、今年の干支(えと)も、ウイルスもどこ吹く風――。大きな景色に緩やかな時間が流れる。

 静岡県富士宮市の朝霧高原。富士山の西のふもとに広がる草原はパラグライダーやキャンプの場所として人気だが、国内有数の酪農地帯でもある。700ヘクタールにホルスタインなど約5千頭の乳牛が暮らしている。古くは源頼朝の巻き狩りの地として知られ、昭和の時代には旧陸軍の演習地があった。酪農が始まったのは戦後のことだ。

拡大する写真・図版「なかとみ牧場」の牛舎で、飼育されている乳牛たち=静岡県富士宮市、山本裕之撮影

 敗戦翌年の1946年、長野県下伊那郡の村から130人の開拓団がやってきた。食糧増産の国策に応じた復員兵、引き揚げ者たちだ。漬物おけにためた雨水を飲み、薬莢(やっきょう)を拾って荒れ地を耕したが、地下に水も根も通さない土があり、満足に作物が出来ない。牧草なら育つことがわかって酪農に転じた。寒冷な気候も牛に適していた。富士の裾野は牧草地に変わり、牛がいる景色が新たな名所になった。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員限定のプレゼントもあります。

 富士開拓農協によると、いまも…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら