河野氏、ワクチン巡る副長官の発言修正「政府内に齟齬」

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種の調整を担う河野太郎行政改革相は22日の会見で、ワクチン確保の政府方針をめぐる坂井学官房副長官の21日の発言について「修正させていただく」と述べた。発言を否定された坂井氏は、「河野大臣の発言の趣旨、真意を確認中」としている。

 坂井氏は21日の会見でワクチンの確保について、「本年6月までに接種対象となるすべての国民に必要な数量の確保は見込んでいる」と述べた。菅義偉首相は昨年10月の所信表明演説で「来年前半までに全ての国民に提供できる数量を確保する」と述べており、この方針に沿ったものだった。

 河野氏はこの坂井氏の発言について、「政府内の情報の齟齬(そご)があり、あのスケジュールに関する発言は修正をさせていただく」と述べた。そのうえで、「まだ供給スケジュールは決まっていない。昔の計画をつくるための想定は捨てないといけない。現実に動いていくので、それに合わせてスケジュールが決まる」とした。

 坂井氏は22日の会見で「河野大臣の発言はペーパーを取り寄せ、いま、発言の趣旨、真意を確認中。ワクチン確保は大変重大な課題であり、全力を尽くす。今、申し上げられるのはそこまでだ」と述べた。ワクチン確保の方針が見直されるのかどうかも問われたが、「そういった点を含めて確認させて頂いている」と語った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]