[PR]

 鉄道の駅構内で女性に体液をかける行為を繰り返したとして、神奈川県警は22日、第1機動隊の男性巡査(27)を停職6カ月の懲戒処分とし、発表した。巡査は同日付で依願退職した。

 監察官室によると、男性巡査は昨年2~10月に計6回、県内や東京都内の駅構内で、プラスチックケースに入れていた自身の体液を通りかかった女性のバッグや体にかけたとされる。警視庁が昨年10月、JR大井町駅構内で女性のバッグに体液をかけて汚損した器物損壊の疑いで巡査を逮捕し、余罪を調べていた。

 県警によると、巡査は「ネットで動画を見て、興味を持ってやった。女性が驚くのを見たかった。スリルや背徳感があった。30回くらいやった」などと説明したという。