「令和の運び屋と言われるよう…」ワクチン担当の河野氏

小林豪
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種の調整を担う河野太郎行政改革相は、22日の参院本会議で、河野氏の調整能力に懸念を示した野党議員に対し、「『令和の運び屋』と言われるようにがんばる」と語った。

 国民民主党の榛葉賀津也幹事長が代表質問で、「ワクチン接種には、需給調整と流通の円滑化など、自治体までのロジスティックが極めて重要だ。本当に大丈夫なのか」と指摘した。

 さらに、規制改革を得意とする河野氏を「自他共に認める『令和の壊し屋』だ」と述べ、「ワクチン接種に求められるのは根回しだ。河野大臣の最も苦手とする点だ」と皮肉った。

 これに対し、河野氏は「なるべく早く供給スケジュールを確定したうえで、自治体と連携して万全な接種体制を確保する」と答弁。「できる限り2月下旬までに、まずは医療従事者から接種を開始できるよう準備をしているところだ。『令和の運び屋』と言われるようにがんばって参ります」と述べると、場内の一部から笑いと拍手が起きた。

 菅義偉首相は河野氏をワクチン担当に任命した理由について、「ワクチン接種は国民への情報発信が極めて重要で、発信力のある河野大臣が適任であると考える」と説明した。

 質疑後、野党のベテラン議員は河野氏の「運び屋」発言について「麻薬などに使われる不適切な言葉だ」と非難。別の野党議員も「コロナ禍では政治の信頼が欠かせない。政治家は国民に大変な協力を求めているのに、国会ではふざけるのかと言われかねない」と話した。

     ◇

 国会論戦や各党の動きなどの様子を「国会ひとコマ」としてお届けします。(小林豪)