[PR]

 東京オリンピック・パラリンピックで来日する外国人が新型コロナウイルス感染症を発症した場合の患者の受け入れ体制について、日本医師会の中川俊男会長は22日、「医療崩壊が頻発し、面の医療崩壊が起こるのではないかという状況で、受け入れ可能かというと、可能でない方だ」と述べた。すでに病床がひっぱくする現状では、病床の確保は困難だとの見方を示した。

 中川氏は都内での講演で「オリンピック・パラリンピックが開催可能か、日本医師会として言及するつもりはない」としたうえで、「ワクチンが劇的に効力をもたらしたとか、特効薬が急にできたとか神がかり的な出来事があれば別だが、今の状態でこれ以上(患者が)増えると、どうなるかと思う」と強調した。(久永隆一)