[PR]

 関東甲信で23日午後から24日にかけて、降雪が予想されている。気象庁によると、長野県や山梨県を中心に大雪となる見込みで、24日は東京都心でも積雪となるおそれがある。23日は日本の南に前線が停滞し、24日は太平洋側に雪をもたらす「南岸低気圧」が関東の南海上を発達しながら東進するとみられるため。

 24日午後6時までの24時間降雪量の予想は多いところで、甲信20~40センチ▽関東北部の山沿い、箱根と多摩、秩父の各地方10~20センチ▽関東平野部5~10センチ▽東京23区1~5センチ。予想より気温が低くなるなどすれば、さらに降雪量が多くなり、東京23区でも大雪となるおそれもあるという。

 国土交通省と気象庁、高速道路を管理する各社は、積雪や路面凍結により道路網への影響が出る恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。不要不急の外出を控えるほか、やむをえず車を運転する場合は冬タイヤの装着やチェーンの携行を求めている。(山岸玲)