第1回「昔は保険会社だった…」 桜田がめざすSOMPO改革

有料会員記事

山下裕志
[PR]

桜田のSOMPO改革(上)

 午前4時ごろ、事務室のパソコン画面に異変が映し出された。ベッドのセンサーが読み取った70代女性の心拍数が普段より高く、呼吸回数も多い。夜勤中だった施設長の向祥(むかいあきら)(41)が部屋に駆けつけると、けいれんする姿が目に飛び込んできた。慌てて救急車を呼び、女性は一命をとりとめた。

 昨年11月、東京・高円寺の老人ホーム「そんぽの家」で起きた出来事である。

拡大する写真・図版東京・高円寺にある老人ホーム「そんぽの家」=2020年11月

 運営するのは、損害保険ジャパンを中核とするSOMPOホールディングス(HD)。ホームを所有する介護大手メッセージを2016年に買収し、睡眠時の状態がわかる最新の機器を導入している。向は「この技術がなければ入居者の朝ご飯の時間まで気づかず、手遅れになったかもしれない」と振り返る。

 SOMPOが介護ビジネスに参入したのは2012年。居酒屋大手ワタミの介護事業子会社などを買収し、この分野の売上高は19年度に1284億円でニチイ学館に次ぐ国内2位になった。高齢者向け施設の居室数は約2万5600室と日本一になった。保険事業に次ぐ新たな柱として成長する。

 急拡大の背景には、12年から社長を務める桜田謙悟(64)の強い危機感がある。

拡大する写真・図版SOMPOホールディングスの社長、桜田謙悟=2020年11月、東京都新宿区

「どうすればお客様に好かれるか」

 国内の損保業界は3メガ損保…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

連載桜田SOMPO改革(全3回)

この連載の一覧を見る