[PR]

 日本政府が批准しないまま22日に発効した核兵器禁止条約。広島で暮らす批准国出身の人たちに思いを尋ねた。(宮崎園子、三宅梨紗子)

マレーシア

 「ヒロシマはまだ世界に伝わっていない」。広島市立大のヌルハイザル・アザム・アリフ准教授(47)は言う。母国マレーシアは条約を批准した国の一つだ。

 18歳から学んだ日本語の作文大会は戦争をテーマにした。だが、原爆についてはきのこ雲のイメージしかなく、被害者も日本人だけと思っていた。

 広島に来て、考えが変わった。マラヤ(現・マレーシア)出身の大学生が被爆死したことを初めて知ったのだ。日本の人々が、その死をきちんと記憶しようと、広島内外で熱心に活動をしていることも知った。

 母国は自ら戦争を起こしたこと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら