[PR]

 7月23日の東京オリンピック(五輪)開幕まで半年を迎え、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は22日(日本時間23日)、動画メッセージを配信した。

 新型コロナウイルスの感染拡大がやまず、開催へ懐疑論は広まるばかりだが、今夏の開催は揺るがないことを強調。「起きうる全てのシナリオに備えて新型コロナ対策を立てている。安全で安心な大会確保への議論をするとき、そこにタブーはない」と決意を表明した。開催への自信の根拠には「(選手に対する)ワクチン接種がなくても、現在も大規模なスポーツ大会、世界選手権までもが安全に開かれている」と語った。

 開催判断の時期などには触れなかった。一方、観客に関しては、「どれぐらいの人数、はたまた観客自体を入れることができるのかの問いはある」と話し、適切な時に決めたいと説明していた。

 21日はIOC委員、22日に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら