トランプ前大統領の弾劾裁判、2月8日の週に審理開始

ワシントン=園田耕司
[PR]

 トランプ前大統領の支持者が米連邦議会議事堂を襲撃した事件をめぐり、支持者を扇動したとしてトランプ氏を弾劾(だんがい)訴追した決議が25日に下院から上院へ送付され、2月8日の週に弾劾裁判の審理が始まることが決まった。22日、民主党上院トップのシューマー院内総務が明らかにした。

 弾劾訴追決議は25日に下院から上院に送付され、同日中に弾劾裁判の手続きが正式に始まる予定。ただし、実質的な審理は2月8日の週に開始される。共和党上院トップのマコネル院内総務トランプ氏の弁護準備などに時間が必要として、審理開始を2月中旬まで遅らせるように主張。シューマー氏がマコネル氏の主張に歩み寄った格好だ。

 6日の議事堂襲撃事件をめぐっては、トランプ氏が襲撃前にホワイトハウス近くの広場での集会で、「死にものぐるいで戦わなければ、この国はこれ以上もたない」などと演説。下院は13日、トランプ氏が「反乱の扇動」をしたとして、弾劾訴追決議案を賛成多数で可決。共和党議員10人も賛成した。(ワシントン=園田耕司)