[PR]

 大リーグの通算本塁打で歴代2位の755本の記録を持つハンク・アーロンさんが22日に死去したと、ブレーブスが発表した。86歳だった。

 ブレーブスなどで活躍したアフリカ系米国人のハンク・アーロンさんが、当時の大リーグ通算本塁打記録715号を打ち立てたとき、周囲のすべてが歓迎する雰囲気ではなかった。

 1974年。白人の大打者ベーブ・ルースの持つ通算714号の記録更新に迫り始めると、「これ以上打つな」という脅迫があり、自宅には生命を脅かすような手紙が届いたという。

 76年に引退するまでに放った本塁打は、755本。「今後、誰にも破ることができない」とたたえられた本塁打数を誇りに思いながら、アーロンさんはこんな言葉を残している。

 「黒人でも、白人の選手でもい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら