藤井二冠にあやかり改名の力士、連敗続く 2年間勝てず

有料会員記事

鈴木健輔
[PR]

 将棋の藤井聡太二冠にあやかってしこ名を変えた大相撲序ノ口・勝南桜聡太(22)=式秀部屋=が初場所14日目の23日、今場所最後の相撲に敗れた。2年前から続く連敗は83。改名効果はまだ現れないようだ。

 今場所前、服部桜太志という本名にちなんだしこ名を変更した。2015年の入門から一度も序ノ口を抜け出せず、通算成績は3勝217敗1休。自身の最多連敗記録は89で、来場所にも更新する可能性がある。

 しこ名変更の反響は「特にないです」と勝南桜。「弱さ」で注目されていることは本人も知っており、この日も敗れた後、「あんまり気にしすぎると(連敗が)続いてしまう。なるべく気にしないで頑張っています」と話した。

 中学時代は陸上800メート…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら