[PR]

 関東甲信では23日夕から24日、平野部も含めた広い範囲で大雪となる恐れがあり、東京都心でも積雪となる可能性がある。国土交通省は23日午後、大雪に対する緊急発表を出し、車の立ち往生や公共交通機関の乱れが起きる恐れがあるとして、不要不急の外出を控えることなどを求めた。

 気象庁によると、日本の南に前線が停滞しており、23日夜には四国沖で前線上に低気圧が発生する見込みという。関東に雪をもたらす「南岸低気圧」として24日にかけて日本の南を東進。寒気も入り込むため、降雪が予想されている。

 雪のピークは24日未明から朝にかけてとみられる。24日午後6時までの24時間降雪量の予想は多いところで、甲信、関東北部の山沿い、箱根から多摩や秩父にかけて30センチ▽関東北部の平野部10センチ▽関東南部の平野部、東京23区5センチ。

 気温は雪が降る範囲内では高いと予想され、気象庁は湿った重い雪によるビニールハウスの倒壊や電線・樹木の着雪などに注意を呼びかけている。

 国土交通省は23日の緊急発表で、車を運転する場合は冬用タイヤやチェーンの装着を呼びかけた。未装着で立ち往生した運送事業者に対しては、悪質な場合、安全管理義務違反で行政処分するとしている。(山岸玲)