自民リーダー4類型の求心力 回復のパターンはあるか 

有料会員記事

[PR]

日曜に想う 曽我豪編集委員

 政権幹部らに聞いても、結局は「誰が首相でもコロナ危機は大変だ」と「代わりがいない」の二つに尽きる。足元の菅義偉首相支持さえ今や、嵐が去るのを待つような現状維持的なものなのだろう。

 だが政治は、求心力という目に見えぬ勢いが生命線を握る世界だ。どれだけ議席の数で多くの支持があろうと、現状突破の勢いを欠く政権は危機にもろい。

 改めて自民党のリーダーの生まれ方を類型化してみた。筆者が実際に取材した1989(平成元)年から30年余りの間の計14回(2回の安倍晋三氏を含む)は4類型にできると思う(敬称略)。

 ●無投票型 宇野宗佑、森喜…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら