[PR]

 1年延期となった東京オリンピック(五輪)開幕まで、23日であと半年。コロナ禍の中、スポーツと社会の新しいあり方を考える国際イベント「ワールド・スポーツ・クリエーティビティー・セッションズ(WSCS)」が同日午後8時から24日夜までツイッター(https://twitter.com/newspicksstudio?lang=en別ウインドウで開きます)で無料配信される。その後もアーカイブで視聴可能。

 五輪の陸上で10個のメダルを獲得したカール・ルイスさん、野球の米大リーグ・ヤンキースの「レジェンド」として知られるデレク・ジーターさん、世界陸上連盟のセバスチャン・コー会長らがVTRで登場。スポーツにまつわる九つのテーマについて日本の識者らが語り合う。

 24日午後10時ごろからライブ配信される最終セッションでは、開催の行方が注目される東京五輪などについて、大会組織委員会の中村英正・開催統括らが展望を語る。