ラテン歌手で俳優の坂本スミ子(さかもと・すみこ、本名石井寿美子〈いしい・すみこ〉)さんが23日、脳梗塞(こうそく)で死去した。84歳だった。葬儀は近親者で営む。喪主は長女石井聖子さん。

 大阪府出身。ラテン歌手としてデビュー。数々のヒット曲を生んだNHKの人気番組「夢であいましょう」に出演し、主題歌を歌った。

 俳優としても活躍し、1983年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した今村昌平監督の「楢山節考」で主演。山に捨てられる老母を演じた。

 熊本市内の保育園で園長も務めた。2005年、朝日新聞の取材に「子供はとっても敏感。いつもは『にぎやかなばばあ』の私が、疲れて少しでも背中を丸めていると『先生、大丈夫?』って聞いてくる。ステージで歌っていた頃よりテンションを上げてますよ」と話していた。