[PR]

 サッカーJ2・レノファ山口の新入団選手の会見が23日、山口県山陽小野田市内であり、今季のスローガンが「決起」と発表された。クラブが掲げる「2年でJ1昇格」という目標に向けて立ち上がる思いを込め、幕末の志士高杉晋作の功山寺決起になぞらえた。

 スローガンの文字は、日本酒「獺祭(だっさい)」のラベルと同じ県内在住の書道家・山本一遊さんが揮毫(きごう)した。

 この日は、新入団選手15人のうち14人が出席し、抽選で選ばれたサポーターらを前に決意を述べた。

 5年ぶりに復帰したMF島屋八徳選手は「大好きな山口に戻ってこられてうれしく思う。県全体で一体感をもって、勝利を分かち合えるよう頑張ります」。ベガルタ仙台時代に渡辺晋監督のもとで2年間プレーしたDF渡部博文選手は「(監督は)勉強家で、よく映像を見せてもらった。学んだ動きを体現したい」と語った。

 レノファの開幕戦は2月28日、ホームの維新みらいふスタジアム(山口市)で松本山雅と対戦する。(高橋豪)

関連ニュース