「獺祭」が酒米コンテスト 最高賞は3千万円で買い取り

有料会員記事

伊藤宏樹
[PR]

 日本酒「獺祭(だっさい)」を醸造する旭酒造(山口県岩国市)が、原料になる酒米・山田錦の品質を競うコンテストを行い、その結果が23日発表された。福岡県朝倉市の北嶋将治(まさはる)さん(47)が最高賞のグランプリに輝いた。旭酒造が市価の25倍相当の1俵(60キロ)50万円、計3千万円で60俵を買い取る。

 「最高を超える山田錦プロジェクト」と題したコンテストで、今回で2回目。全国13県から2020年産の山田錦63点が出品され、米粒の厚みや、粒の中心を占める「心白(しんぱく)」と呼ばれる部分の位置や大きさなどを2度にわたって審査した。

 北嶋さんは稲作を始めて27年。いまは農業法人「ウイング甘木」に所属し、26ヘクタールの水田で山田錦を7人で栽培しているという。オンライン形式で開かれた発表会で、北嶋さんは「夢のような賞をいただき本当にうれしい。昨年は台風や大雨に見舞われたが、気持ちを一つにしてこの品質にたどりつけた」と喜んだ。

 準グランプリには栃木県大田…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら