朝日新聞に掲載の「フクちゃん」の原画を一堂に公開

今林弘
[PR]

 【高知】高知市出身の漫画家・横山隆一さんの企画展「フクチヤン ハジマリノ時代」が同市九反田の横山隆一記念まんが館で開かれている。4コマ漫画の「フクちゃん」などの原画が並べられ、当時の市井の人々の暮らしが伝わってくる。2月21日まで。

 同館は、「養子のフクちゃん」のタイトル名などで、1936~44年に朝日新聞に掲載された作品の原画約200点を、歴史や娯楽などテーマごとに年代順に展示した。この時期のフクちゃんの原画を一挙に公開するは初という。

 4コマ漫画では、「金魚を飼う家は爆弾が落ちない」とうわさから、フクちゃんが防火水槽で金魚を飼ったり、下水工事を防空壕(ごう)の工事と間違えたりする話など、子ども目線で東京の下町の日常が描かれている。

 担当の大野雅泰学芸員(35)は「時代背景を紹介しているパネルを見ながら、漫画を読み、その時代の日常の空気を感じてもらえたら」と話す。問い合わせは同館(088・883・5029)。(今林弘)