[PR]

 ネットオークションの出品者を「現物が見たい」と呼び出し、商品の高級腕時計を奪ったとして、大阪府警は25日、名古屋市名東区の会社員、佐藤創(はじめ)容疑者(28)を強盗致傷の疑いで24日に現行犯逮捕したと発表した。佐藤容疑者は容疑を認め、「借金を返すためだった」と話しているという。

 南署によると、佐藤容疑者は24日午後6時15分ごろ、大阪市中央区難波5丁目の商業施設内の通路で、40代の男性会社員の顔にスプレーを噴射し、男性が持っていたドイツの「A・ランゲ&ゾーネ」社製の腕時計(290万円相当)を奪った疑いがある。

 男性は目に軽傷を負ったが、逃げようとした佐藤容疑者を取り押さえ、通報で駆けつけた南署員に引き渡した。ネットオークションに腕時計を出品したところ、佐藤容疑者から「買う前に現物を見たい」と言われ、待ち合わせていた。