優雅な反骨スタイルと社会的メッセージ ヨウジヤマモト

編集委員・高橋牧子
[PR]

 ヨウジヤマモトの2021年秋冬メンズ・コレクションは、ランウェーショーを元にした映像で配信された。持ち前の脱構築的なスタイルに、皮肉や社会的なメッセージを込めた文字を入れ込むなどパンクの要素を取りいれた、優雅な反骨スタイルを並べた。

 ジャケットもパンツもシルエットはゆったりとして、いつにも増して布の流れが美しい。色は黒が中心。しなやかな生地のスーツや、体を包み防御するようなビッグサイズのボンディングのコート。そんな服のあちこちに「Are you Bohemian?」、「Bone to be Terrorist」などの他、「実存主義」や動物の権利に関する言葉など刺激的な英語の文字が白や赤字で書かれている。ネクタイには「引責辞任」といった日本語の四字熟語も。作品が持つ独特の強さと共に、言葉の強さも迫ってくる。

 また、ジャケットの袖口にびっしりとメタリックなホックを並べたり、ほつれた端切れのパッチワークをあしらったりとパンクのディテールが強調されている。つややかなサテンのインナーと抽象的な柄をプリントしたジャージートップスを重ね、粗野なデニム調パンツを合わせるなど質感の違う生地の組み合わせも洗練性を感じさせた。

 なかにはシルク何%、ウール何%などと素材の表示のある服もあり、映像配信とはいえ質感が伝わりやすかった。

 背景には、いつものようにデザイナーの山本耀司本人による、やけっぱちムードの歌詞の曲と、透明感のある女性ボーカルの歌声が流れた。(編集委員・高橋牧子)