関西空港の年間旅客数が過去最低、伊丹を下回る

有料会員記事

[PR]

 関西エアポートが25日発表した関西空港の2020年の総旅客数は前年比79%減の655万人で、1994年9月の開港以来、年間で過去最低となった。新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限で、大半の国際線が欠航。国際線のない大阪(伊丹)の旅客数をも下回った。

 昨年2月以降、関空では国際線の欠航が相次ぎ、国際線旅客数は、前年比86%減の350万人(うち外国人は215万人)。国内線も外出の自粛で旅行や出張が落ち込んだ結果、同56%減の305万人だった。

 同じく関西エアが運営する伊丹の総旅客数は同54%減の767万人、神戸は同52%減の163万人で06年2月の開港以来、最低だった。3空港合わせた数字は同69%減の1585万人だった。

 関空は2010年代半ば以降…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。