[PR]

 東京五輪で野球の日本代表「侍ジャパン」入りが確実視されている広島の鈴木誠也外野手(26)が25日、取材に応じ、今夏の五輪開催について、「(新型)コロナ(ウイルスの感染者)が増えて一般の方の生活に影響するぐらいだったら、どうなのかなとも思う」などと話した。

 マツダスタジアム(広島市)の屋内練習場での自主トレーニングを公開し、その後の取材で、コロナ禍のなか開幕まで半年を切った東京五輪への考えを語った。鈴木は「僕たちが決められることではないが、選手としては、やりたい気持ちは強い」としつつ、「世界の人たちが来ると余計に広まるかもしれない。また大変なことになれば、周りが余計に苦しむだけ。流れに任せるしかない」と複雑な胸中を打ち明けた。収束しての開催が理想か、との問いには、「そうならないんじゃないですか。そうなったらラッキーくらいじゃないですか」と答えた。

 鈴木は侍ジャパンの4番として、一昨年秋の国際大会「プレミア12」優勝に貢献、昨季は球団では初めて5年連続で打率3割を記録した。今季は新たに野手の主将に就いた。