[PR]

 大阪府は25日、新型コロナウイルスによる死者を新たに7人確認したと発表した。1月の死者は計264人となり、月別で過去最多となった。死者数は78人の昨年11月、259人の12月に続いて3カ月連続で最多を更新した。

 今月1~25日の新規感染者は1万1728人で、昨年12月の9726人を上回っている。1日あたりの死者数は8日と21日は19人で過去最多だった。府は高齢者施設などでのクラスター(感染者集団)の多発などが背景にあると分析している。

 府によると、第3波と位置付ける昨年10月10日以降、今年1月5日までの死者390人の約98%が60代以上。390人の8割弱が重症と判断されない状況で亡くなった。府などによると、高齢者施設などで症状が急に悪化したり、重症病床での積極的な治療を望まなかったりするケースも多いという。

 陽性者数に対する死者数の割合(死亡率)は1・9%で、全国を0・6ポイント上回る。昨春からの死者数は東京都を上回り、全国最多となっている。