[PR]

 新型コロナウイルスの感染急拡大が続いていた東京都で、「減少の兆し」がみえ始めている。1月初旬には1日あたりの感染者数が連日2千人を超えたが、その後は増加には転じず、24日には12日ぶりに1千人を下回り、25日には618人まで減った。国の緊急事態宣言からまもなく3週間。都内の感染はこのまま落ち着いていくのか。

 感染者数は、前日と増減を比べても傾向は見えづらい。検査・医療機関や保健所は土日は休日体制で、受診・検査件数が少なくなることから、曜日ごとに報告数にムラが出るからだ。傾向をつかむ上で大切なのが「曜日ごとの前週比」だ。

 金曜日~月曜日の1週間前と直近の感染者数を比較してみた。

 15日(金)2001人→22日1175人。

 16日(土)1809人→23日1070人。

 17日(日)1592人→24日986人。

 18日(月)1204人→25日618人。

 明らかに減少しているのがわかる。週平均で見ても17日時点は1503・7人だったが、24日時点は1202・9人と大きく減っている。25日の618人は1月に入って最少だ。

 感染状況を判断する指標の一つ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら