日本勢最多Vに並ぶ渡部暁斗 同じ19勝でも違う価値 

有料会員記事

勝見壮史
[PR]

 ノルディックスキーワールドカップ(W杯)複合男子で、2017~18年シーズンの年間王者に輝いた渡部暁斗北野建設)が、また一つ歴史を刻んだ。24日にフィンランドのラハティであった個人第8戦で通算19勝目を挙げ、荻原健司が持つ日本勢の最多勝利に並んだ。23歳の山本涼太(長野日野自動車)も3位に入り、個人種目で初の表彰台に立った。

 前半のジャンプ(ヒルサイズ130メートル)で渡部は山本に次ぐ2位。後半距離(10キロ)は1秒差の2番手でスタートすると、すぐ首位に立った。中盤、自身と27秒差だったリーベル(ノルウェー)に追いつかれたところでペースアップ。現在のW杯総合1位を引き離し、節目の勝利を手にした。

 12年の初勝利から9年で19勝。荻原とは違う価値があると評価されるゆえんは、32歳が見せたこの試合運びに詰まっている。

 荻原はジャンプで大差をつけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら