[PR]

 菅義偉首相は25日の衆院予算委員会にかすれ声で臨み、時にせき込んだ。野党議員に体調を問われ、首相は「のどが痛くて声が出ないだけで、至って大丈夫」と説明した。その後の自民党役員会では「のどは少し痛みますが、内臓は健康です」などと語ったという。

 加藤勝信官房長官は記者会見で、首相の体調について「官邸の医務官とも随時相談し、必要な薬を服用している」と説明。首相がPCR検査を受けているかについても問われたが「必要な検査はしている」などと述べるにとどめた。

 予算委で首相の様子を見ていた閣僚からは「声だけではなく元気がない。批判されていることに慣れていないのでは」との懸念の声も出ている。(小野太郎)