大人気のセイウチ「ヒマワリ」、初の妊娠確認 三重

安田琢典
[PR]

 伊勢シーパラダイス(三重県伊勢市)で飼育され、大人気のセイウチ「ヒマワリ」(メス、推定20歳)の初の妊娠が確認された。順調にいけば、今夏には赤ちゃんが誕生する見込みだ。

 ヒマワリは、大きなヒレアシで来場者の背中をたたく「闘魂注入」で人気を集めている。繁殖目的で動物を貸し借りする「ブリーディングローン」で、昨年2~3月に南知多ビーチランド(愛知県美浜町)に貸し出された。その際にオスの「キック」(推定23歳)に抱きかかえられていて、妊娠が期待されていた。

 昨年11月末ごろから妊娠の兆候が見られたものの、12月9日にヒマワリの体調が悪化。当初、翌10日に予定されていたエコー検査は延期されたが、12月23日の検査で妊娠が確認された。

 現在は食欲も回復して、ふだん通りに一般公開されている。営業部広報担当の岩山慎副課長は「伊勢シーパラダイスにとって、セイウチの赤ちゃんが誕生すれば初めてのこと。念願だったので非常にうれしい」と喜んでいた。(安田琢典)