• アピタル

五輪選手へのワクチン優先接種、WHOは「否定的」

新型コロナウイルス

ロンドン=下司佳代子
[PR]

 東京五輪パラリンピックを今夏に開催するため新型コロナウイルスのワクチンを選手に優先して接種することについて、世界保健機関(WHO)の緊急対応責任者マイク・ライアン氏は25日、否定的な考え方を示した。「最前線の医療従事者、高齢者、社会で最も脆弱(ぜいじゃく)な人々が最初にワクチンにアクセスする必要がある」と語った。

 感染拡大が収まらず、五輪の開催を危ぶむ声が強まっている。英紙テレグラフは22日、国際オリンピック委員会(IOC)が開催実現に向けて、出場全選手の新型コロナウイルスのワクチン接種を検討していると報じていた。

 ライアン氏はこの日の記者会見で、「最もリスクの高い人にすら十分なワクチンがない。すべての国の医療従事者にワクチンを接種させ、感染すれば命を落としやすい人たちにワクチンを受けてもらうという最大の課題に集中している」と述べた。今後もIOCや日本政府と協力し、必要な助言はするが、「五輪のリスク管理の措置に関する決定はIOCと日本の当局がすることだ」と強調した。(ロンドン=下司佳代子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]