感染者への罰則、公安委員長「拘束して病院に戻すとか」

[PR]

 衆院予算委員会の26日午前の質疑で、立憲民主党辻元清美氏は、入院を拒んだ新型コロナウイルス感染者らに懲役などの刑事罰を科す感染症法改正案を見直すように求めた。入院先から逃げるケースを例に挙げ、「身柄を取ったら、病院に戻すのか。また逃げるかもしれないが、カギをかけるのか。このために特別の施設を全国の警察に用意させるのか。物理的にも無理だ」と指摘し、菅義偉首相に答弁を求めた。

 しかし答弁に立ったのは、田村憲久厚生労働相とともに手を挙げた小此木八郎国家公安委員長。辻元氏が「当ててないよ」と訴える中、小此木氏は「拘束して、体調を見ながら病院に引き戻すとか、そういうことが考えられる。何を優先するかは、医療従事者、保健所の方々と情報交換しながら決めていく」と答弁した。

 その後、首相が答弁に立ち、「人権に最大限配慮しながら、そこは適切に対応する。そういうふうに努めたい」と短く答えた。

 辻元氏は金田勝年委員長(自民)から「時間が来ています」と告げられた。辻元氏は「答弁を他の人がするからだ。時間が来るのは」と訴えた。