[PR]

 国立の旭川医科大学(北海道旭川市、吉田晃敏学長)が付属の旭川医科大学病院の古川博之院長を解任した問題で、同大はプレスリリースを公表して経緯を明らかにした。26日午後に記者会見して詳細を説明する。

 同大は25日付で古川院長を解任。同日付のリリースではその理由について、①昨年4月と11月の学内説明会や会議の内容を録音・録画して外部に漏洩(ろうえい)した②昨年11月の新型コロナウイルス患者受け入れを巡る吉田学長との協議を報道機関に恣意(しい)的に話して混乱を生じさせた③昨年12月の学内の会議で信頼回復に取り組むことを確認した後も報道機関に大学の方針と異なる内容を発言し混乱させた、としている。情報漏洩については「複数の証言等から事実を認定した」という。

 旭川市では昨年11月6日、重篤な高齢者が多い吉田病院でコロナ患者の大規模なクラスター(感染者集団)が発生。吉田学長は11月17日の学内の会議で「コロナを完全になくすためには、あの病院(吉田病院)が完全になくなるしかない、ということ」などと発言したとされる。発言は昨年12月に文春オンラインで報じられ、吉田学長は「不適切な発言であったと深く反省しています」などとするコメントを出した。

■学長と院長、どのようなやりと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら