拡大する写真・図版滋賀県民のソウルフード「近江ちゃんぽん」。ちゃんぽん亭総本家の狩生大輔さん(左)と広報担当の西村莉香さんも「滋賀でちゃんぽんといったらコレ!」=滋賀県彦根市、槌谷綾二撮影

[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 滋賀の「白くないちゃんぽん」にあぜんとした。だって私は九州生まれ。おそるおそるスープをすすってみると……。

 こってり系の白濁スープに、イカやエビ、アサリといった海鮮の具が惜しげもなく投入されて。ちゃんぽんって、そんなものだと思っていた。

 ここは近江の国、滋賀県彦根市。ある取材を終え、おなかが減った。ふらりと立ち寄った食堂で注文した「近江ちゃんぽん」。どんぶりの中身に目を疑った。湯気の向こうにあったのはなんと透明なスープ。

 〈あの、頼んだのはしょうゆラーメンじゃないんですけど……〉。こちらのけげんな表情が見透かされたのか、店員さんの哀れむような視線が痛かった。

 自分で言うのもなんだが、無理…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら