拡大する写真・図版緊急事態宣言による時短営業の要請で飲食店が閉まり、ランタンのあかりが際立つ横浜中華街=2021年1月8日午後8時43分、横浜市中区、角野貴之撮影

[PR]

 新型コロナの感染拡大が続き、「巣ごもり」生活が続く。ひとり暮らしなどで、極端に他人と接する機会が減った人は、巣ごもり生活がきっかけで「ひきこもり」になることはあるのか。「気分障害ひきこもり外来」で診療に当たり研究にも取り組む九州大の加藤隆弘講師(精神科神経科)に聞いた。

半年以上、家からほとんど出ない

 ――単なる「巣ごもり」と「ひきこもり」とは、どこに違いがあるのでしょう。

 厚生労働省のガイドラインでは、「ひきこもり」は、就学や就労などの社会的な参加を避けて、原則としては半年以上にわたって、おおむね家庭にとどまり続けている状態だと定義しています。

 ――外出しているかどうかだけで判断するのは、難しいのでは。

 仮想空間や、ツイッターやフェイスブックなどSNSを通じて友人がいる場合もあります。こうした点を踏まえ、約2年前にオレゴン健康科学大学と診断基準を発表しました。

 ――どんな内容ですか。

 大前提としては、少なくとも半…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら