[PR]

 東京女子医大病院(東京都新宿区)で2014年、集中治療室(ICU)で人工呼吸中だった男児(当時2)が麻酔薬を大量投与された後に死亡した事件で、東京地検は26日、男児の処置にかかわった小谷透医師(61)と福田聡史医師(39)の麻酔科医2人を業務上過失致死罪で在宅起訴し、発表した。

 警視庁は昨年10月、事件当時の麻酔科医6人を書類送検していた。地検はこのうち中央ICUの副運営部長だった小谷医師と、男児の容体を管理していた福田医師の過失が重いと判断して起訴した。他の4人については不起訴処分にした。

 発表などによると、小谷医師と福田医師は14年2月18~21日、リンパ管腫で首の手術を受けた男児に、ICUで人工呼吸器を付けた子どもへの使用が原則禁止されている麻酔薬「プロポフォール」を投与。心電図や尿の量などに異常があったのに別の鎮静薬に切り替えるなどの処置を怠り、急性循環不全で死亡させたとされる。

 病院の外部調査委員会がまとめた報告書によると、男児は70時間あまりにわたり、成人の基準値の2・7倍のプロポフォールを投与されており、調査委は「禁忌(きんき)薬の長時間・大量投与に対する危機感が希薄で、対応が不十分」と指摘していた。