[PR]

 大阪府は26日、新たに343人が新型コロナウイルスに感染し、70代~100歳代の14人が亡くなったことを確認したと発表した。感染者は延べ4万2136人、死者は857人になった。

 府によると、入院中の重症患者は184人。確保している病床(236床)の使用率は78・0%。すぐに患者を受け入れられる病床(221床)の使用率は83・3%だった。

 また、26日までに大阪市内の二つの高齢者施設で計25人が感染していたことが判明した。府はいずれもクラスター(感染者集団)が発生したとみて調べている。