「悔しいけど目標」 佐藤駿、ライバル鍵山優真への思い

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 ライバルに敗れたというのに、表情は意外なほど明るかった。フィギュアスケート男子の新鋭、16歳の佐藤駿埼玉栄高/フジ・コーポレーション)だ。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします

 24日に幕を閉じた全国高校選手権(インターハイ)で2連覇を逃し、2位。優勝をさらったのは、今季同時にシニアデビューを果たした同学年の盟友、鍵山優真(星槎国際高横浜)だった。それでも、「やっと自分のスケートを出し切れたと思う。かなり満足しています」。

 敗北にも前向きになれる理由が、最大の武器である大技、4回転ルッツにあった。

ここから続き

 ショートプログラム(SP)…

この記事は有料会員記事です。残り1105文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]