[PR]

 新型コロナウイルスの影響で今年の東京五輪・パラリンピックの開催が不安視されるなか、中国では2022年2月の北京冬季五輪・パラの開催に向けて国を挙げた準備が進んでいる。ただ、コロナが最大の懸案になっている事情は同じで、関係者は東京五輪の先行きを注視している。

 「中国は新型コロナを封じ込めて経済回復を実現し、五輪開催へのふさわしい条件を整えた」

 25日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話会談した習近平(シーチンピン)国家主席はこう言い切り、「必ず予定通り準備を整える」とアピールした。

 北京冬季五輪は来年2月4日に開幕する予定だ。習氏は今月18、19の両日、スキーのジャンプ競技会場などを視察し、「五輪開催は党と国家にとっての一大事だ」と、万全の態勢で準備を進めるよう大会関係者に発破をかけた。

 今年に入り河北省や北京などで新たな感染が広がり緊張が高まっているが、国内で五輪の延期や中止を求める声は聞こえてこない。

 湖北省武漢市を中心に深刻な状…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら