[PR]

 昨年1年間に国内外から沖縄県を訪れた観光客数は373万6600人で、1千万人を突破した前年から63・2%減となり、本土復帰後で最大の減少率となった。新型コロナウイルス感染拡大による旅行自粛の影響が大きく、県は今後も厳しい状況が続くとみている。

 26日の県の発表によると、観光客数が前年比で減少したのは東日本大震災が起きた2011年以来。19年は1~12月で初めて1千万人を突破するなど好調だったが、国や県から緊急事態宣言が出された20年4、5月は前年同月比90%以上の減少となるなど、全ての月で前年同月を下回った。海外からの観光客に絞っても前年比91・2%減の25万6900人で、過去最大の減少率となった。

 渡久地一浩・県文化観光スポーツ部長は「大変厳しい状況。今後も感染状況やGo To トラベルの実施状況に大きく影響されると考えている」と述べた。(国吉美香)