ナバリヌイ氏の無条件釈放求める G7外相が共同声明

有料会員記事

ベルリン=野島淳、モスクワ=石橋亮介
[PR]

 主要7カ国(G7)の外相と欧州連合(EU)の外交安全保障上級代表は26日、ロシア当局に拘束された反政権活動家のアレクセイ・ナバリヌイ氏の「即時かつ無条件の釈放をロシア当局に求める」とする共同声明を発表した。

 声明は、ナバリヌイ氏が療養先のドイツから帰国直後に拘束されたことについて「政治的な動機による逮捕と拘留」だと非難。ナバリヌイ氏の解放を求めて23日にロシア全土であったデモで、数千人の参加者が拘束されたことも「深く憂慮する」として、釈放を求めた。

 声明は「個人が意見を表す権利を警察が暴力的に抑圧するのは容認できない」とし、政権に不満をもつ人たちが声を上げる空間が狭まっていくという「悪いパターンがロシアで繰り返されていることを裏付けている」と指摘した。

 市民の政治的権利や言論の自…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら