新START、5年延長で合意 米ロ首脳が電話協議

有料会員記事

モスクワ=喜田尚、ワシントン=渡辺丘
[PR]

 米国のバイデン大統領とロシアのプーチン大統領は26日、電話協議し、2月5日に期限が切れる米ロ間の新戦略兵器削減条約(新START)を5年間延長することで合意した。ロシア政府は、両国が合意に関する外交文書を交わしたと発表し、条約延長のための国内手続きに入ったことを明らかにした。

 米ロ両首脳の電話協議は、バイデン政権発足後初めて。米ホワイトハウスは、両首脳が新STARTの5年延長について協議し、「2月5日までに延長を完了するよう早急に取り組むことで合意した」と発表した。新STARTについてロシアは無条件での5年延長を希望し、バイデン米政権も21日、5年の延長をめざすと表明していた。

 ロシア下院によると、プーチ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら