与党議員の銀座クラブ通い、首相が陳謝「しっかり対応」

新型コロナウイルス

[PR]

 菅義偉首相は27日午前の参院予算委員会で、自民党の松本純・国会対策委員長代理と公明党遠山清彦・前財務副大臣が、それぞれ緊急事態宣言下の夜に東京・銀座のクラブに行っていたと報じられた問題について、「国民の皆さんに(自粛を)お願いする中で発生したことは申し訳ない。理解を得られる行動をすべきで、しっかりとこれから対応をさせて頂きたい」と陳謝した。

 立憲民主党の徳永エリ氏が「特別措置法の改正案では、要請に従わない人には罰則を科す。自分たちは(自粛を)守らないで、国民には守らないと罰則を科すなんてメチャクチャではないか。この2人の不適切な行動に対して、厳格な処分を下すべきではないか」と求めた質問に答えた。

 公明の赤羽一嘉国土交通相も「あってはならないことだ。しっかり指導したい」と答弁した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]