[PR]

 東京メトロ、東急電鉄、西武鉄道、東武鉄道は26日、終電時刻の繰り上げなどを含むダイヤ改定を、JR東日本と同じ3月13日に行うと発表した。

 各社によると、東京メトロは全線を対象に最大16分、東急電鉄はこどもの国線を除く全線で最大32分、西武鉄道は山口線と多摩川線を除く全線で最大33分、東武鉄道は東武スカイツリーライン・東上・大師の各線で最大16分、終電時刻を早める。始発までに行う保守作業の時間の確保などを理由としている。

「西武園ゆうえんち」駅に

 また、西武鉄道は「遊園地西」駅(埼玉県所沢市)を「西武園ゆうえんち」駅に、「西武遊園地」駅(東京都東村山市)を「多摩湖」駅にそれぞれ駅名を変更する。

 緊急事態宣言を受けた今月20日からの首都圏在来線の一斉繰り上げとは内容が異なるため、各社は注意を呼び掛けている。(一條優太)