[PR]

 東京都豊島区の会社員女性(当時35)が殺害され、栃木県那須町の土中に埋められた事件で、警視庁は27日、強盗・強制性交殺人や死体遺棄などの罪で逮捕・起訴された保育士の佐藤喜人容疑者(29)=住所不定=について、別の女児への強制わいせつ容疑で再逮捕し、発表した。調べに対し、黙秘しているという。

 捜査1課によると、佐藤容疑者は昨年11月20日夕方、東京都新宿区の路上で、1人で歩いて下校中だった小学生の女児の体を背後から触るなどした疑いがある。女児に騒がれて逃走していた。周辺の防犯カメラに、女児の後をつける佐藤容疑者に似た人物が映っていたという。女児は面識はなく、同庁は佐藤容疑者が路上で見かけて襲ったとみている。

 佐藤容疑者はこの事件の約2カ月前の昨年9月下旬、豊島区のマンションに忍び込み、住民の女性に性的暴行を加えて殺害し、家の鍵や財布を奪ったうえで遺体を那須町の別荘地に埋めたとして、逮捕・起訴されている。