[PR]

 橋本聖子五輪相は27日の参院予算委員会で、今夏の東京五輪・パラリンピックについて、「あくまでも安心と安全の大会が開催することができなければ難しいと承知している」と述べた。

 立憲民主党の石橋通宏氏の「世界の国々が五輪に参加できる状況にあるのか」との質問に答えた。

 橋本氏は、アスリートが万全のコンディションでプレーができるよう入国から出国までの感染症対策などを徹底する方針を示していると説明。「世界各国の選手団が東京大会を開催できる万全の準備が整っている、ということで参加を表明してくるということになる」と語った。

 橋本氏は春までにしっかりとした感染症対策を講じるとしたうえで、東京都やIOC(国際オリンピック委員会)などと「しっかりと連携して、準備に取り組んでいきたい」と述べた。